鹿児島大学での講演会

 本日(2013年5月20日)、鹿児島大学において、販売者の岩﨑弘さんによる講演会が行われました。

 

 

 岩﨑さんが、ご自身の波乱万丈の半生(恋人との悲しい別れなど)や、不幸な出来事がいくつか重なってホームレスになってしまったこと、ホームレス中の苦しい生活(空腹、冬の寒さなど)、ビッグイシューの販売のことなどを、1時間ほどお話し下さいました。

 

 

 その後、鹿児島大学のビッグイシューサポーターズサークルのメンバーから、活動の紹介とメンバーの勧誘を行いました。

 

 

 岩﨑さんのお話のうまさもあり、学生さんからの反応もよく、サポーター活動への興味を持ってくれた学生さんもいました。

 

 講義の感想を見ると、ホームレスは他人事ではないという共感や、生存権が保障されるはずなのにそれがされていない社会はおかしいといった政府・社会への批判などが多くみられ、岩﨑さんのメッセージが伝わったように思います。

 

 

 新聞記者さんも2名(朝日新聞・南日本新聞)も取材に来てくださいました。記事になるかどうか、またなるとしていつになるかよく分かりませんが、記事になりましたら、ここでも報告したいと思います。

 

 講演者の岩﨑さん、参加して下さった皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした!